オンラインサロンの運営とコミュニティを作ることは違う?

こんにちは、価値創造デザイナーでサイト制作のお仕事をしたり「かちけんコミュニティ」を運営してるハック恵理です。^^

今日は、よく有名人の方たちが話題にしている「オンラインサロン」について、勘違いしている方も多いと感じるので、その話をしていきます。

実際にサービス提供をしていているビジネスオーナーさんやご商売をされているお店の店長さんなど顧客を抱えるすべての方に大切な話になってきます。

現に、日本最大のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」を運営しているキンコン西野さんなどが「オンラインサロンの運営は大変だからやめておけ」みたいなことを公言されているので、「あ、そうなんだ
」とあっさり「自分のコミュニティを作る」ということさえもやめてしまっている人が続出してしまってはマズイと思い、その違いを交えながら話を進めていきますね。

まず、この「オンラインサロンとコミュニティ作りは関連性はあるものの微妙に違う」ということを踏まえた上でお話ししていきますね。

オンラインサロンはコミュニティを運営するための場のひとつである

一時、メンタリストDaiGoさんがオンラインサロンをディスっているような時があって、西野さんが反論していることがありましたが、オンラインサロンってなんかDaiGoさんのような理解をしている人が多いのだなぁと私も思いました。

エリ通常

要するに「オンラインサロンって会える会える詐欺みたいなもんでしょ?」ってやつです(笑

確かに、西野さんほどの有名人になってしまうと、そういう言われ方をされてしまうのかもしれませんが、私たちのような一般市民で、小さなビジネスやお店をやっている人とはだいぶ違います。

実際に私は、オンラインサロンやコミュニティにはいくつか参加していますが、どれも満足して継続しています。

ちなみに有名な人は、それこそ西野さんのように7万人とか集めることができちゃうわけですから(有名だからって集められるわけでもないんですが)桁が違います。

だからと言って、私たちしがない個人事業主やワンオペオーナー、経営者がコミュニティを作ることをやらないというのは、逆によくないと私は考えます。

小さいビジネスほど、ちゃんとコミュニティを作る必要があるし、ファンを作って、リピートしてもらえるビジネスの仕組みをしっかり作ることが鬼重要になってきます。

コミュニティ作りとは、あなたのファンを増やしてしていくこと

とらえ方次第では、コミュニティ作りとは「顧客のストック化」みたいなことだと個人的には思っています。ただメールアドレスのリストがあることは、残念ながら「顧客をストック」しているとは言えません。

もちろん、全くないよりはいいんですが、ネットで出会う場合には、顔や人となりも全くわかりませんから、名前さえもハンドルネームだったりしますからね。

特にネットビジネスで、集客している場合、メールアドレスを取ることがまず重要と考えます。これはこれで確かにそうですね。この段階では、ただの読者さん、ですから、ここから購入者になっていただいて、さらにリピートしていただいて、信頼関係を育んでいく必要があるわけです。

私のように、外国に住んでいながら、日本のお客さんと繋がるには、このインターネットを使わないわけにはいかないので、お客さんと繋がるための道具としてフル活用しています。

でも、実店舗がある場合や、日本国内にいて日本に住む人をお客さんとして迎えるのであれば、自分がご商売、ビジネスを行る地域での宣伝活動も打ち手にいれることをおススメします。

そこから繋がって、お客さんのファン化に力を入れましょう。

ファン化とは、あなたやお店の世界観を好きになってもらうこと

同じ商品を売っていたり、同じようなメニューのカフェやレストランでも、片や大繁盛、片や閑古鳥が鳴いている、という差があるとしたらそれってどうしてでしょうね?

違うのは、そのお店の雰囲気やそこで働いている人たちでしょう。とても明るく愉しい人たちが働いていても、お店が暗すぎて清潔感がなかったらちょっと行く気は失せます。

その辺のバランスは必要だとしても、明らかに違うのは働いている人。その人たちが作っているお店の雰囲気という「気」の流れ。それは自分たちで作り出せるものです。

あなたには、用もないのに行ってしまうお店ってありますか? 大抵のお店は用がある時にしか行きませんよね。

用もないのに、行きたくなるお店にあなたのお店はなってますか?
用もないのに、会いに行こうかな~と思ってもらえる人にあなた自身がなってますか?

ってことなんです。

決して、美人でイケメンのまわりだけに人が集まるわけじゃないので、あなたの魅力をきちんと出して、伝えることをした方がいいですね。

自分のお店で売ってるものがなんであっても「あなたから買いたい」と言ってもらえる売り手を目指したいのです。

あなたのファンが集まるということがコミュニティ作りになる

そうやってひとり、ふたりと来てくださった新規のお客さんにあなたのサービスを気に入ってもらうことが第一歩です。

そして、一度だけで終わりにならない工夫をして、リピートに繋げていきます。その工夫というのは、いろいろな打ち手が考えられると思います。

あなたのサービスや扱う商品に合わせて、あなたがこうしたらお客さんが喜んでくれるだろうな、楽しんでくれるだろうな、ということを考えて実際にやってみて、継続し積み上げていくことです。

そうやって、お客さんとの信頼関係が出来上がって、少しずつ集まる人が増えていくことこそが「コミュニティを作る」ことになっていくわけですね。

特に形としてまとめていなくてもそれはまさにあなたの「ファンクラブ」になるわけです。

コミュニティを作るというのは、あなたやお店のファンクラブができるってことと同じですね。

まとめ:オンラインサロンの運営とコミュニティを作ることは同じじゃない

オンラインサロンというのは、コミュニティを作る際のまとめる場として「オンラインサロン」というものを利用しているだけにすぎません。

呼び方の問題で、私はオンラインサロンとは呼ばずに「オンラインコミュニティ」と呼んでいます。でも、やることはオンラインサロンと同じかなと思ってます。

メンタリストDaiGoさんが「会える会える詐欺みたいなもんですよね?!」と言ったのには、おそらくそういう運営をしているオンラインサロンが実際にあるからなのでしょう。ごく少数だとしても。

でも、それを元にディスられたことに、キンコン西野さんがさりげなく反論した理由も大いに賛同できます。

結局、運営者がインフルエンサー的な立場で何もやらずにいるだけで、実際の運営は誰かに任せて、その人とお近づきになれる(会えるかもしれない)のが「オンラインサロン」だと言われているようなものですからね。

オンラインサロンをやるかどうかは、運営者の自由ですが、あなたが小さいご商売やビジネスをやっていて「顧客のファン化」に力を入れるのであれば、それはもうコミュニティを作ることに舵を切ったことに他なりませんし、そうするべきだと私は考えます。
エリスマイル

だから、私もコミュニティを作って運営しています。

アメリカにいながら日本の方たちをお客さんにしているので「オンラインコミュニティ」ですし、どんなコミュニティにするのかは、運営者の自由で、もちろん自分の目指す会員数がありますし、コミュニティ会員の特典も自分で決めることができます。

確かに「会える会える詐欺」をやるわけではないので、いろいろやることはたくさんあって大変ですが、まじめにやってる人たちは、案外、楽しんでやっているのでは?と思います。もちろん、私もです。^^

エリどうぞ

そんな私、ハック恵理が運営するコミュニティも会員さん募集しています!