Google search console の登録とアナリティクスへの統合方法

このページでは、アナリティクスを使い始めて、少しデータが貯まってきた方向けに「Google search console の登録」アナリティクスに統合する方法を解説していきます。

ひとつクリアすると、またひとつと知らないことが続々出てくるサイト運営を本気で取り組み始めて間もない方のためのページです。

Google search consoleとは?

エリひらめき

要するに、あなたのサイトにくる読者さんが「どんなことばを検索で入力してやってきたのか」ということがわかるツールです。つまりSEO集客ではよく話題になる「キーワード」のことがいろいろわかってしまうページってことですね!

もちろん、すでに「Google search console の登録」がお済の方は、ココはすっ飛ばして後半のアナリティクスの統合方法へお進みくださいね。

アナリティクスの分析方法のところで解説したかったのですが、結構これだけで話が長くなりそうだったので、別にしました。
Googleアナリティクスの初心者でもできる分析のやり方

アナリティクスと統合しようと思ったら・・・

こんな画面が出てきてしまって

女性困った

この後どうすんの~~?

と頭を抱えてしまったあなたのためのページです。^^

なので、まずは「Google search console の登録」を設定していきましょう。

Google search console の登録

  1. Google search console の登録ページへ行き登録したい自分のドメインを入力する
  2. Google search consoleでファイルをダウンロードする
  3. ドメインのあるサーバーにアップロードする(例)エックスサーバー)
  4. Google search console画面に戻り確認する

1.Google search console の登録ページへ行き登録したい自分のドメインを入力する

まずはGoogle search consoleの登録ページは行きましょう。
そして、自分のサイトのURLを入力し、「続行」をクリック。

2.Google search consoleでファイルをダウンロードする

ポップアップでウインドウが出てきます。ボタンをクリックしてファイルをダウンロードします。

3.ドメインのあるサーバーにアップロードする(例)エックスサーバー)

2.のgoogle search consoleの画面はそのままに、エックスサーバーのページへアクセスします。行き先は「ファイルサーバー」です。
google search consoleを設定したい自分のドメインのフォルダを選んでクリックします。(左は1クリック、右はダブルクリックでフォルダが開きます)どちらでもよいです。

次に、「public.html」を選んでクリックします。

開いたページの右上の赤丸部分の「アップロード」をクリックします。

ポップアップが出るのでそこで「ファイルを選択」をクリックしてファイルを選ぶか、ファイルをそのまま入れます。

ファイルがアップロードされれば、緑のアイコンのファイル名が表示されます。そして「アップロード」ボタンをクリックしアップロード完了です。

4.Google search console画面に戻り確認する

「確認ボタン」をクリックする。

以下の画面になったら「完了」をクリックします。

これで設定が完了しました!

アナリティクスとGoogle search consoleを統合する方法

アナリティクスで観たいデータは「集客 ⇒ Search Console ⇒ 検索クエリ」←(左の三角をクリックする順番)です。

この検索クエリが見たいのです。なぜなら、実際にあなたのサイトに訪問した読者さんが検索した「生の検索ワード」いわゆる生の声がわかるからですね。


この図はまだ統合の設定が終わっていない状況を示しています。

ではここから、アナリティクスのページで「検索クエリ」が分析できるように、アナリティクスとgoogle search consoleを統合します。

まず上の図の「search consoleのデータ共有を設定」ボタンをクリックします。

その後の設定の仕方は以下の通りです。それぞれ解説します。

  1. アナリティクス内の「プロパティ設定」をする
  2. 「Search Consoleの設定」ページに移動するので「追加」ボタンをクリック
  3. Google Search Consoleの画面へ移動するので「自分のサイト」を選びチェックを入れて「関連づける」をクリック
  4. 関連づけが終わった後「検索クエリ」を確認する

アナリティクス内の「プロパティ設定」の画面に移動

ページ中間くらいの赤丸部分「Search Consoleを調整」ボタンをクリック

「Search Consoleの設定」ページに移動するので「追加」ボタンをクリック

Google Search Consoleの画面へ移動

Google Search Consoleの画面へ自動的に移動するので画像はモザイクがかかっていますが「自分のサイト」を選びチェックを入れて「関連づける」をクリック

関連づけが終わった後「検索クエリ」を確認する

まだデータは取れていないのでグラフはゼロですが、最初の画面から変わっていればOKです。

アクセス数の伸びに比例してデータも取れるようになるので、アクセスが来るようになったらチェックするようにしましょう。

アクセスがないうちは設定しても統計が出ないのでつまらないと思いますが、早いうちに設定しておけば、なかったところからの増えてくるところがわかるのでそれはそれでおもしろいです。

検索クエリの分析例

例えば、私が管理する1サイトの例をお見せしますね。

検索クエリの項目のところに「生キーワード」が表示されています。^^

ちなみに、この例では、

エリはてな

表示回数が結構あるのに、クリック数が少ないなぁ

というところから、検索サイトでの上位表示が弱いとか、タイトルでクリックされてない、などの理由が考えられます。

エリはてな

「クリック率」が良いキーワードはどうしてなんだろう?

みたいな感じでいろいろ考える材料にしてくださいね。^^

まとめ:Google search console の登録とアナリティクスへの統合方法

Google search console の登録アナリティクスとの統合も、そのページへ行って指示をきちんと読みながらできますのでご安心を。

エリスマイル

一度しっかり設定できれば、また設定する必要はないので、ここはエイっ!と思い切ってやってしまいましょう!

そのページへ行ってしまえば、指示に従って進められるはずです。専門用語的なものが慣れないかもしれませんが、日本ですから読めばたいていわかります。

そして、データが取れるようになって分析をしっかりやろうという時は、Google Search Consoleのページへ行きますが、普段ちょっとチェックするにはアナリティクスの「検索クエリ」を見れば十分です。

そもそも、そんなにしょっちゅう見るページでもないのですが、適度にチェックすることで、新しいキーワードなどを発見することはあるので頻繁過ぎない程度にチェックしていきましょう。